松井良彦、映画自記 2011

TOPへ
過去へ


11/19    New Diary (11/13〜)

映画「追悼のざわめき 〜デジタルリマスター版〜の関係者から報告を受ける。
---大阪上映は、11月26日(土)から12月16日(金)まで、シネヌーヴォXにて催され
ます。
 僭越ながら私は、12月11日(日)の終映後に、ご挨拶をさせていただきます。
 尚、詳細は、“インフォメーション”をご覧ください。
 よろしくお願いします。

思索をする。

資料の整理をする。

諸事を済ませる。



11/18

映画「追悼のざわめき 〜デジタルリマスター版〜の東京上映が楽日を迎える。
---ご覧いただいた皆様には、心から感謝とお礼を申し上げます。
 「ありがとうございました」

資料の整理をする。

伊藤敏朗君(某大学教授)が著された書籍「ネパール映画の全貌 その歴史と分
析」が届く。
---伊藤君は、石井岳龍監督や私をはじめとする、今は無き狂映舎(独立映画プ
ロダクション)のメンバーで、旧知の間柄です。
 いただいた本を、大切にさせてもらいます。
 伊藤君へ、「ありがとうございます。とても嬉しいです」
 
佐藤訪米君と歓談を交わす。

某氏(映像作家、脚本家/某国)から連絡を受ける。

某映画祭から連絡を受ける。

映画「ミッション:8ミニッツ」(監督:ダンカン・ジョーンズ)を観る。

H.D.D.(TV)「BSアーカイブス / ハイビジョン・スペシャル 『天才画家の肖像』 ピカ
ソ 女たちが語る素顔」(NHK)を再見する。

諸事を済ませる。



11/17

思索をする。

資料の整理をする。

某君(脚本家)と“映画”について話す。

関係者と連絡を執りあう。

某氏(映画監督)から連絡を受け、対応をする。

某君(演出家)と某さんから連絡を受ける。

H.D.D.(TV)「世界の名画 〜美の殿堂への招待〜 / フランス・リヨン美術館 小さ
なルーブルと花の画家たち」(BS朝日、ACC)を見る。
---小さなルーブルといわれるだけあって、紹介されただけでも、ぺルジーノ、ヴェ
ロネーゼ、レンブラント、ルーベンス、ティントレット、ゴッホ、プーサン、アングル、
ドラクロワ、ジェリコー、クールベ、マネ、モネ、モリゾ、ドガ、ゴーガン、ルイ・ジャン
モ。・・・実に、なんと豊かなことか。
 この地リヨンは、絹で栄えたこともあり、絹織物のデザイン画として花がよく使わ
れていた。おのずから花の絵画がとても印象深い。代表的なのが、サン=ジャンで
ある。
 リヨン、訪ねたい街です。

諸事を済ませる。



11/16

思索をする。

資料の整理をする。

D.V.D.(映画)「無理心中 日本の夏」(監督:大島渚)を再見する。

H.D.D.(TV)「知られざる物語 京都 1200年の旅 / 京の美を作った謎の絵師集団・
狩野派」(BS朝日、EAST ENTERTAINMENT)を見る。
---狩野永徳、狩野探幽、狩野山楽、狩野山雪、狩野永岳の作品が、南禅寺、二
条城、大覚寺、妙心寺・天祥院と隣華院にあり、紹介されました。
 豊臣家と徳川家の天下人の行方により、京狩野と江戸狩野に分かれさせられた
ことを、初めて知りました。・・・勉強をしなければ、と思わさせられました。

H.D.D.(TV)「〜欧州〜 美の浪漫紀行2 / 〜絵画の革命児 クレーの故郷スイス・
ベルンを巡る〜」(BS JAPAN、JP)を見る。

諸事を済ませる。



11/15

思索をする。

名古屋シネマテーク(映画館)からご案内が届く。

某社から試写会のご案内が届く。

某社からパーティのご案内が届く。

H.D.D.(TV)「BSアーカイブス / ハイビジョン・スペシャル 『天才画家の肖像』 尾形
光琳 自由と夢幻の魔術師」(NHK)を見る。
---ここに書くまでもないことですが、尾形光琳は、「燕子花図屏風」や「竹に虎
図」、「風神雷神図屏風」、「紅白梅図屏風」をはじめ、巻物や焼物などにも逸品の
数々を創られました。

H.D.D.(TV)「極上 美の饗宴 / シリーズ 世界が驚嘆したニッポン 七宝 幻の赤
を追う」(NHK)を見る。
---明治時代に生きた、七宝焼の安藤重兵衛氏を軸に、その偉大なる足跡と、今
の七宝焼が紹介されました。
 上記の尾形光琳とともに、一流の創り手と作品には、とてつもない迫力と魅力が
溢れていると、再確認をさせてもらいました。

H.D.D.(TV)「羽田美智子の京都専科 / 日本とアメリカを写経でつなぐ 〜大行寺・
英月〜」(KBS京都)を見る。

諸事を済ませる。



11/13    New Diary (〜11/19)

思索をする。

資料の整理をする。

某君(脚本家)と“映画”について話す。

H.D.D.(TV)「ぶらぶら美術・博物館 スペシャル/ 〜知る人ぞ知るパリ! 珠玉の美
術・博物館〜」(BS日テレ)を見る。
---「ギュスターヴ・モロー美術館」。ピカソやモディリアーニらが住んでいたアパート
「洗濯船」。サルトルやボーヴォワールが通ったカフェ「ドゥ・マゴ」。オークションの
「ドゥルオー競売場」などが紹介されました。
 どれも興味深いのですが、「国立工芸技術博物館」は、まったく知らなかったので
驚きました。パスカル作の計算機やブレゲ作のマリー・アントワネットからの注文に
応えて作った「ダブルフェイスの複雑懐中時計」、ジャンヴィエ作の「10進法の時
計」、エジソンの「蓄音機」、ベルの「電話機」などなどが紹介され、面白かったで
す。

諸事を済ませる。



11/12   

映画「追悼のざわめき 〜デジタルリマスター版〜の東京上映が始まる。
---18日(金)まで、ポレポレ東中野にて、連日20:45から上映をされています。
 並びに、大阪上映は、26日(土)から、シネヌーヴォにて催されます。
 ともに詳細は、“インフォメーション”をご覧ください。
 よろしくお願いします。

思索をする。

資料の整理をする。

某会合に出席をする。

某社から試写会のご案内が届く。

諸事を済ませる。



11/11

資料の整理をする。

某映画団体からご案内が届く。

諸事を済ませる。



11/10

思索をする。

資料の整理をする。

某さん(映画監督)と連絡を執りあう。

H.D.D.(TV)「世界の名画 〜美の殿堂への招待〜 / 忘れられた天才 ゴッホの孤
独 クレラー=ミュラー美術館(オランダ)」(BS朝日、ACC)を再見する。
---ヘレーナ・クレラー・ミュラーという女性の、ゴッホへの熱く強い想いと、ゴッホの
生き様が紹介されました。

諸事を済ませる。



11/09

資料の整理をする。

某映画団体からご案内が届く。

某映画関係のパーティからご案内が届く。

H.D.D.(TV)「〜欧州〜 美の浪漫紀行2 / ヴィッテルスバッハの遺産 ドイツ・ミュ
ンヘン」(BS JAPAN、JP)を見る。
---アルテ・ピナコテーク(美術館)が紹介されました。

H.D.D.(TV)「ぶらぶら美術・博物館 / 江戸東京博物館 『世界遺産ヴェネツィア展』
千年の歴史と芸術」(BS日テレ)を見る。

某さん(舞踏家)から公演のご案内が届く。

諸事を済ませる。

                 ∞

黒沢良さん(声優)が逝去をされる。享年81歳。
---ゲーリー・クーパーやマルチェロ・マストロヤンニの声の吹き替えを務められた
ことで知られている。



11/08

高林陽一さん(映画監督)と“映画”について話す。

某さん(映画監督)から連絡を受ける。

京都不在中に届いていたお便りに返事を書く。

諸事を済ませる。



11/07

資料の整理をする。

某さん(映画監督/某国)から連絡を受ける。

映画「リメンバー・ミー」(監督:アレン・コールター)を観る。

某氏(某美術展/某国)と連絡を執りあう。

諸事を済ませる。



11/06   

思索をする。

資料の整理をする。

某君(脚本家)と“映画”について話す。

諸事を済ませる。



11/05   

映画「追悼のざわめき」の大阪上映が決まりました。
---11月26日(土)から、シネヌーヴォ X、にてです。
 詳細は、“インフォメーション”をご覧ください。
 よろしくお願いします。

思索をする。

資料の整理をする。

某氏(映画監督/某国)から連絡を受ける。

H.D.D.(TV)「BS歴史館 / シリーズ ハリウッド100年@ 『ローマの休日』 “赤狩り”
の嵐の中で」(NHK)を見る。
---脚本家のダルトン・トランボ氏を軸に描かれました。

H.D.D.(TV)「開館50周年記念番組 サントリー美術館ものがたり 〜“美”は生活
の中にあり〜」(BS日テレ、ビデオプロモーション、NEXUS)を見る。
---漆、焼物、和ガラス、絵巻・屏風などが紹介されました。美しいものが数多く、
紹介されました。

諸事を済ませる。



11/04

資料の整理をする。

日本アカデミー賞協会から書面が届く。

H.D.D.(TV)「知られざる物語 京都1200年の旅 / 幻の寺・西寺(さいじ) 東寺に隠
された空海の法力伝説」(BS朝日、EAST)を見る。
---東寺は、弘法大師・空海。しかし、西寺は?というと、恥ずかしながら私は分か
りませんでした。その僧侶は、守敏(しゅびん)。この番組で、初めて知りました。い
やはや、なんとも、無知の哀しみです。勉強、勉強です。

H.D.D.(TV)「世界の名画 〜美の殿堂への招待〜 / 動乱の地に花開いた名画 
ブリュッセル ベルギー王立美術館」(BS朝日、ACC)を再見する。
---フランドル絵画です。今のベルギーとオランダの地域です。
 メムリンクやファン・オルレイ、クラーナハ、ピーテル・ブリューゲル(父)、ヤン・ブ
リューゲル(父)、レンブラント、ヴァン・ダイク、ヨルダーンス、・・・と歴々たる画家た
ちが紹介されました。
 思わず、訪ねたいと思わされました。

諸事を済ませる。



11/03

資料の整理をする。

映画「追悼のざわめき」の関係諸氏から連絡を受ける。

H.D.D.(TV)「〜欧州〜 美の浪漫紀行2 / 〜ロンドン 印象派の殿堂がつむぎ出
す夢〜」(BS JAPAN、JP)を見る。
---コートールド美術館が紹介されました。

H.D.D.(TV)「ぶらぶら美術・博物館 / 夜の六本木で秋のアートめぐり第2弾! 〜
国立新美術館 モダン・アート、アメリカン展〜」(BS日テレ)を見る。

H.D.D.(TV)「羽田美智子の京都専科 / 〜草木染め 終わりなき色の探求〜 青木
正明」(KBS京都)を見る。

諸事を済ませる。



11/01

資料の整理をする。

某君(脚本家)から連絡を受ける。

映画「追悼のざわめき」の関係諸氏から連絡を受ける。

某君(映画監督)から試写会のご案内が届く。

京都シネマ(映画館)からお便り等が届く。

某社から試写会のご案内が届く。

D.V.D.(映画)「マンマ・ローマ」(監督:ピエル・パオロ・パゾリーニ)を再見する。

山下香里さん(美術家)と歓談を交わす。
---来年の個展を楽しみにしています。

諸事を済ませる。



10/31

資料の整理をする。

映画「どこに行くの?」の関係者から連絡を受ける。

D.V.D.(映画)「テオレマ」(監督:ピエル・パオロ・パゾリーニ)を再見する。

C.D.「ピアノ / 西村由紀江」を再聴する。



10/30   

展覧会(着物)「十六夜(いざよい)キモノ展21 うちだ」(ルーサイト・ギャラリー/東京
都台東区)を観る。

山本伸樹君(現代美術家)と美術+映画談義を交わす。
---楽しい時間をありがとうございました。

諸事を済ませる。



10/29   

映画書籍(フランス)「Le cinema enrage au Japon」(Julien Seveon/ROUGE
profond)が届く。
---この書籍に、私の映画の論評が掲載されています。

奥村勲君(映画「どこに行くの?」の俳優)と歓談を交わす。

某社から試写会のご案内が届く。

東京不在中に届いていたお便りに返事をだす。

TV「2011 Jリーグ ヤマザキナビスコ・カップ 決勝戦 “浦和レッドダイヤモンズ
vs. 鹿島アントラーズ”/国立競技場(東京都新宿区)」(フジテレビ)を見る。
---浦和レッドダイヤモンズ 0 vs. 0 鹿島アントラーズ → (延長戦) ●浦和レッド
ダイヤモンズ 0 vs. 1 鹿島アントラーズ○。
 鹿島アントラーズが9年ぶり4回目の優勝を飾りました。これは同カップの最多優
勝記録です。
 ちなみに、鹿島アントラーズの国内三大タイトルの通算優勝記録は、Jリーグ:7
回、天皇杯:4回、ヤマザキナビスコカップ:4回の計15冠です。これはJリーグ最多
優勝記録です。

諸事を済ませる。



10/28

思索をする。

資料の整理をする。

粂田剛君(映画「どこに行くの?」のチーフ助監督)と“映画”について話す。

映画「ドラマーズ・ドリーム」(監督:ジョン・ウォーカー)を観る。

某さん(某出版社)と会う。

諸事を済ませる。



10/27

資料の整理をする。

関係者から連絡を受ける。

パーティ「東京国際映画祭2011 / 来日するゲストとの懇親パーティ」(TOHOシネマ
ズ六本木・ムービーカフェ/東京都港区)に出席をする。
---国内外の映画関係者の方々と、初めてお会いしたり、再会をしたりで、楽しい
時間でした。
 大野敦子さん(映画「どこに行くの?」の製作部)と、久しぶりの再会をしました。
お元気そうで、なによりです。

資料の整理をする。

諸事を済ませる。



10/26

某君(映像人)と歓談を交わす。

某映画団体から連絡を受ける。

恒松正敏さん(音楽家、美術家)からライヴと展覧会のご案内が届く。

諸事を済ませる。



10/25

某君(脚本家)と“映画”について話す。

関係諸氏と連絡を執りあう。

某さん(映画人/某国)から連絡を受ける。

映画「ヒマラヤ 運命の山」(監督:ヨゼフ・フィルスマイアー)を観る。

某社から試写会のご案内が届く。

H.D.D.(TV)「羽田美智子の京都専科 / 京暖簾 〜一枚の布に込めた伝統と信用
〜」(KBS京都)を見る。

諸事を済ませる。



10/24

某氏(映画人/某国)から連絡を受ける。

関係諸氏と連絡を執りあう。

映画「アジョシ」(監督:イ・ジョンボム)を観る。

某社から試写会のご案内が届く。

H.D.D.(TV)「京都 美の創造者 / ガラス工芸作家・石田知史」(関西テレビ)を見
る。
---紹介されたパート・ド・ヴェール。それを表現されるための石田さんの作品創り
の想いや姿勢をうかがえて、物を創り、表現をする者は、これらの事柄を肝に銘じ
ておかなければならいと思いました。
 そして、もうひとつ、私の中に植えつけられる一言を聞かせてもらえました。感謝
をさせていただきます。「ありがとうございます。おおきに!」です。

諸事を済ませる。



10/23   

思索をする。

資料の整理をする。

某君(脚本家)と“映画”について話す。

関係諸氏と連絡を執りあう。

石井遊さん(人形作家)から連絡を受ける。

H.D.D.(TV)「京都 美の創造者 / 庭師・小川治兵衛(『植治(うえぢ)』十一代)」(関
西テレビ)を見る。
---紹介された平安神宮・神苑や無鄰菴(むりんあん)など、私は幾度か訪ねたこと
があります。それらを創りあげた「植治」七代の小川治兵衛さんの京都への想い
や、エピソードを十一代とそのご長男が語られていました。
 物や作品を創るうえでの、基本、原点を教えていただけました。
 ありがとうございます。

諸事を済ませる。



10/22   

思索をする。

資料の整理をする。

映画「ゴーストライター」(監督:ロマン・ポランスキー)を観る。

美術イヴェント「KAN-HIKARI ART EXPO 2011 観○光(かんひかり) 日本の美と心
−過去・現在・未来− 序破急 その三 【急】」(泉涌寺/京都市東山区)を観る。
---一昨日につづいて本日も、出品作家のエトリケンジさんにご案内をしていただ
き、鑑賞後に、美術+映画談義を交わしました。エトリさんの作品は、こちらの作
品も素敵でした。

諸事を済ませる。



10/21

某氏(映画人/某国)から連絡を受ける。

某君(脚本家)から報告を受ける。

会報「映画監督 / 2011年 第10号 通巻657号」(日本映画監督協会)を読む。

H.D.D.(TV)「世界の名画 〜美の殿堂への招待〜 / 忘れられた天才 ゴッホの孤
独 クレラー=ミュラー美術館(オランダ)」(BS朝日、ACC)を見る。

H.D.D.(TV)「BBC地球伝説 / ゴッホ真実の手紙」(BS朝日)を見る。
---この“手紙”は、兄・フィンセントと弟・テオとの間で交わされた手紙のことです。

諸事を済ませる。



10/20

思索をする。

某映画祭から連絡を受ける。

美術イヴェント「KAN-HIKARI ART EXPO 2011 観○光(かんひかり) 日本の美と心
−過去・現在・未来− 序破急 その三 【急】」(二条城・二の丸御殿台所/京都市
中京区)を観る。
---出品作家のエトリケンジさんにご案内をしていただき、鑑賞後に、感想を含め
た美術談義を交わしました。エトリさんの作品は、いつ観てもいいですねぇ。私は、
好きです。

諸事を済ませる。



10/19

日下訓志さん(ファッションデザイナー)と河野周平さん(ウェブデザイナー)らとで、
歓談を交わす。
---とても楽しい語らいの場でした。ありがとうございます。
 また、私の映画を愛していただき、心から感謝をさせていただきます。ありがとう
ございます。おおきに、です。

H.D.D.(TV)「〜欧州〜 美の浪漫紀行2 / ドイツ・ドレスデン 〜ザクセン選帝侯が
愛した美をまとう街 ドレスデン〜」(BS JAPAN、JP)を見る。
---アルテ・マイスター絵画館と国立マイセン磁器製作所を軸にドレスデンが紹介さ
れました。素敵な街だと思わされました。

H.D.D.(TV)「知られざる物語 京都 1200年の旅 / 古都を見つめる清水寺の謎」
(BS朝日、EAST ENTERTAINMENT)を見る。

H.D.D.(TV)「ぶらぶら美術・博物館 / 世界遺産・岩手県平泉へ! 〜浄土庭園と
中尊寺・金色堂 至宝の数々〜」(BS日テレ)を見る。

諸事を済ませる。



10/18

映画「追悼のざわめき」の関係者から、同作の再上映の宣材が届く。
---11月12日(土)〜18日(金)まで、ポレポレ東中野(東京)にて再上映されます。
 ご関心のある方は、“インフォメーション”をご覧ください。

某氏(映画人/某国)から連絡を受ける。

某社から試写会のご案内が届く。

諸映画団体からご案内を受ける。

H.D.D.(TV)「日曜美術館 / 天才画家 岸田劉生 二つの傑作と苦悩」(NHK)を見
る。

H.D.D.(TV)「極上 美の饗宴 / 日本画を突き抜けた炎 速水御舟(ぎょしゅう)『炎
舞』」(NHK)を見る。

H.D.D.(TV)「羽田美智子の京都専科 / 用の美の極み 〜茶筒の可能性を求めて
〜」(KBS京都)を見る。

諸事を済ませる。



10/16   

思索をする。

資料の整理をする。

某君(脚本家)と“映画”について話す。

某氏(人形作家)から映画「追悼のざわめき」の感想を受ける。
---幾度も観ていただき、並びによく鑑賞をしていただき、ありがとうございます。
 後日、お会いするのを楽しみにしております。

某君(映画監督)から連絡を受ける。

TV「奇跡の地球物語 / ダ・ヴィンチpart1 〜名画に刻まれたメッセージ〜」(テレビ
朝日)を見る。

諸事を済ませる。



10/15   

資料の整理をする。

第七藝術劇場(映画館/大阪市)からご案内が届く。

某ギャラリーから展覧会のご案内が届く。

H.D.D.(TV)「羽田美智子の京都専科 / 世代を超えて 絆で生まれる木版画 竹中
木版・竹笹堂」(KBS京都)を見る。

諸事を済ませる。



10/14

資料の整理をする。

某映画団体から連絡を受ける。

名古屋シネマテーク(映画館)からご案内が届く。

某社から試写会のご案内が届く。

COMBINE / BAMI garelly からご案内が届く。

諸事を済ませる。



10/12

資料の整理をする。

関係者と“映画”について話す。

諸映画団体から報告を受ける。

H.D.D.(TV)「日曜美術館 / いのち輝く家族の肖像 〜モーリス・ドニ〜」(NHK)を見
る。

諸事を済ませる。



10/11

思索をする。

資料の整理をする。

映画「追悼のざわめき」の関係者から連絡を受ける。

D.V.D.(映画)「大きな鳥と小さな鳥」(監督:ピエル・パオロ・パゾリーニ)を再見す
る。

山下香里さん(美術家)と美術+映画談義を交わす。

C.D.「S.E.N.S. Sound. Earth. Nature. Spirit. / vol. NATURE」を再聴する。

諸事を済ませる。



10/10   

資料の整理をする。

C.D.「NINO LOTA / Live in Japan」を聴く。
---ニーノ・ロータ氏が1976年に来日をされ、3月21日に東京厚生年金・大ホール
にて催されたコンサートのLIVE盤です。
 作曲、指揮、ピアノ演奏:ニーノ・ロータ。演奏:新日本フィルハーモニー交響楽団
です。
 数多くの映画の名シーンがよみがえってきました。

奥村勲君(映画「どこに行くの?」の俳優)と歓談を交わす。

諸事を済ませる。



10/09

山本伸樹君とスー・ハイドゥーさんらと歓談を交わす。
---スーさん手造りのスリランカ・カレーとスコーンをいただきました。とても美味し
かったです。また、彼女から彼女の作品をいただきました。ありがとうございます。

美術展「いま。つくりたいもの、伝えたいこと。」(いわき市立美術館/福島県いわき
市)を観る。
---伸樹君が出品をしているので、彼とスーさんとともに伺いました。
 同展は、数多くの美術家さんたちが、今起こっている“人災による福島第一原発
事故”への思いや考えを、作品に込めた展覧会です。一人でも多くの方々に観て
ほしい展覧会です。
 鑑賞後に、出品作家の小野重治さんと同館の学芸員の方々らを交えて、お話を
させてもらいました。。
 今回も伸樹君には、大変お世話になりました。「ありがとうございます。おおきに」
です。

某映画団体から報告を受ける。

諸事を済ませる。



10/08   

山本伸樹君(現代美術家)とスー・ハイドゥーさん(ヴィジュアルアーティスト、キュレ
ーター、写真家、文筆家/オーストラリア)らと美術+映画談義を交わす。

美術展「吉田重信展」(Gallery 昨明 CARU/福島県いわき市)を観る。
---上記のお二方と同展に伺い、鑑賞後、作家の吉田さんと澤田優子さん(同ギャ
ラリーのオーナー)、松田晃君(FUKUSHIMA ARTプロジェクト実行委員会)、渡辺
啓さん(美術家)らをはじめ、たくさんの方々と美術や映画、東日本大震災、そし
て、“人災による福島第一原発事故”についてのお話を交わしました。
 語弊があるかもしれませんが、とても良い場でした。

宮本佳美さん(美術家)から展覧会のご案内が届く。
 



10/07   

映画「パレルモ・シューティング」(監督:ヴィム・ヴェンダース)を観る。
---いいですねぇ。気に入りました。
 鑑賞後、家田君(K's cinema/東京都新宿区)と映画談義を交わしました。お元気
そうで、なによりです。

C.D.「チャイコフスキー / ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品35」(ヴァイオリン:五嶋
みどり、指揮:クラウディオ・アバド、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団)を再聴す
る。

C.D.「ピアノ / 西村由紀江」を再聴する。

Sさんと歓談を交わす。
---久しぶりに訪ねた茶房。今も美味しくて嬉しくなりました。そうすると、自ずから
会話も弾みますね。

イヴェント「観○光 EXIPO2011」(二条城、泉涌寺、清水寺/京都市)からご案内等
が届く。

工藤春香さん(美術家)からイヴェントのご案内が届く。

諸事を済ませる。



10/06

某君(映像人)と歓談を交わす。

関係諸君と“映画”について話す。

某映画団体から連絡を受ける。

諸事を済ませる。



10/05

思索をする。

資料の整理をする。

佐野和宏君(映画「どこに行くの?」「追悼のざわめき」「豚鶏心中」「錆び
た缶空」の俳優)から連絡を受ける。
---お元気そうで、なによりです。

粂田剛君(映画「どこに行くの?」のチーフ助監督)と“映画”について話す。

某映画団体からご案内が届く。

諸事を済ませる。



10/04

某君(脚本家)と“映画”について話す。

某氏(音楽家、映画人)と“映画”について話す。
---久しぶりにお会いしました。お元気そうで、なによりです。

某氏(映画館)と映画談義を交わす。
---この方とも、久しぶりにお会いしました。お元気そうで、なによりです。

Sさん(陶芸関係)と歓談を交わす。

諸事を済ませる。



10/03

思索をする。

資料の整理をする。

某君(脚本家)から某件が届く。

奥村勲君(映画「どこに行くの?」の俳優)と歓談を交わす。

某氏(映画撮影監督)から連絡を受ける。



10/02   

思索をする。

資料の整理をする。

某君(脚本家)と“映画”について話す。

関係者から連絡を受ける。

H.D.D.(TV)「ほっと@アジア FRIDAY / 金曜特集 映画『サウダーヂ』 監督・富田克
也さん となりの外国人とどう暮らす?」(NHK)を見る。
---富田君の映画への真摯で誠実な想いをうかがい知ることができ、とても清々し
く思いました。映画「サウダーヂ」の更なる成功を願っています。

諸事を済ませる。



10/01   

思索をする。

資料の整理をする。

某君(脚本家)から某件が届く。

美術展「エトリケンジ solo exhibition pico(ピコ)」(COMBINE BAMI gallery/京都市
下京区)を観る。
---鑑賞後、エトリさんと一献かたむけながら、美術+映画談義を交わしました。

諸事を済ませる。



09/30

思索をする。

資料の整理をする。

某君(脚本家)と“映画”について話す。

関係者から連絡を受ける。

H.D.D.(TV)「世界の名画 〜美の殿堂への招待〜 / 建国1000年の記念碑 ブダ
ペスト国立西洋美術館&ハンガリー国立美術館〜」(BS朝日、ACC)を見る。

某さんから内覧会(映画関係の展覧会)のご案内が届く。
---当日は、京都を離れているため伺えません。残念です。

諸事を済ませる。



09/29

資料の整理をする。

映画「追悼のざわめき」の関係諸氏から連絡を受ける。

京都シネマ(映画館)からご案内が届く。

某映画祭からご案内が届く。

某映画を観る。

某劇団から演劇公演のご案内が届く。

某ギャラリーから展覧会のご案内が届く。

文芸美術国民健康保険組合から書面が届く。

諸事を済ませる。



09/28

思索をする。

資料の整理をする。

某君(脚本家)と“映画”について話す。

某氏(映画撮影監督)から連絡を受ける。

映画「追悼のざわめき」の関係者から連絡を受ける。

田井中唯君(映画館:シネヌーヴォのスタッフ)と歓談を交わす。

某映画団体からご案内が届く。

某社から試写会のご案内が届く。

日下訓志さん(ファッションデザイナー)のお店に伺い、ファッション+映画談義を交
わす。

H.D.D.(TV)「ぶらぶら美術・博物館 / 東京国立近代美術館 〜歴史的コレクション
に見る日本美術〜」(BS日テレ)を見る。
---常設展で、明治から第二次世界大戦後にかけての日本美術の代表作が紹介
されました。
 登場順は、高橋由一、和田三造、荻原守衛(碌山)、中村彝(つね)、高村光太
郎、土田麦僊(ばくせん)、萬鉄五郎、古賀春江、国吉康雄、藤田嗣治、靉光(あいみ
つ)、北脇昇、横山大観、東山魁夷。

H.D.D.(TV)「羽田美智子の京都専科 / 〜小さな緑に魅せられて〜 盆栽研究家・
川ア仁美」(KBS京都)を見る。
---私は、桜の盆栽を持っています。その桜が花を咲かせると、私は慎ましやかな
花見をし、春を思い、過ごしています。

諸事を済ませる。



09/27

思索をする。

資料の整理をする。

某氏(映画撮影監督)から連絡を受ける。

映画「追悼のざわめき」の関係諸氏から連絡を受ける。

H.D.D.(TV)「極上 美の饗宴 / シリーズ アメリカ秘蔵の江戸名画 第3回 忘れられ
た傑作たち」(NHK)を見る。
---葛蛇玉(かつ・じゃぎょく)作「雪中松に兎・梅に鴉(からす)図屏風」。
 そして、作者不詳の「簗(やな)図屏風」。これについては、作者は誰なのだろうか
と調べると、雲谷(うんこく)派の雲谷等的(とうてき)作「四季花鳥図屏風」の作風と似
ているところが幾つもあるということで、雲谷派によるものではないかと。
 他に、作者不詳の「紅白梅図屏風」や山口素絢(そけん)作「夏冬白鷺図屏風」、
森徹山作「松に鶴図屏風」が紹介されました。
 そのどれもが、ここに書くまでもなく、実に、素晴らしく、美しい。見事です。
 でも、私はこれらすべてを知らずに生きてきました。つくずく私は、自分の不勉強
さを恥ずかしく思いました。もっともっと、勉強をしなければならないと、深く、強く思
い知らされました。

諸事を済ませる。



09/26

思索をする。

資料の整理をする。

関係諸氏から連絡を受ける。

映画「追悼のざわめき」の関係者から連絡を受ける。

会報「文芸美術国民健康保険組合」を読む。

諸事を済ませる。



09/25   

思索をする。

資料の整理をする。

某君(脚本家)と“映画”について話す。

関係諸氏と連絡を執りあう。

諸事を済ませる。



09/24   

資料の整理をする。

映画「追悼のざわめき」の関係者から連絡を受ける。
---同作の上映が決まりました。11月12日(土)〜18日(金)、連日20:45〜。会場
は、ポレポレ東中野です。
 ご関心のある方は、“インフォメーション”をご覧ください。

某君(劇作家、脚本家)と連絡を執りあう。

H.D.D.(TV)「BS歴史館 / シリーズ 側近がみた独裁者ヒトラーA 私はヒトラーの
愛人じゃない 映画監督レニ・リーフェンシュタール」(NHK)を見る。

某氏(ファッションデザイナー)と連絡を執りあう。

諸事を済ませる。

                 ∞

槙坪多鶴子さん(映画監督)が逝去をされる。享年71歳。
---映画「老親ろうしん」や「母のいる場所」、「星の国から孫ふたり」などがあられ
る。

山内賢さん(俳優)が逝去をされる。享年67歳。
---日活の青春映画で活躍をされ、和泉雅子さんとのデュエット曲「二人の銀座」が
大ヒットをした。



09/23

資料の整理をする。

某君(脚本家)と“映画”について話す。

某氏(映画ライター/某国)から連絡を受ける。

諸事を済ませる。



09/22

諸氏(映画人)から連絡を受ける。

映画「追悼のざわめき」の関係諸氏から連絡を受ける。

某君(映画監督)から新作映画の完成と、その試写会の連絡を受ける。
---試写会の会期中に、上京をすることがありましたら伺います。ありがとう。

某君(映画監督)から新作映画の公開の連絡を受ける。
---公開の会期中に、上京をすることがありましたら伺います。ありがとう。

H.D.D.(TV)「極上 美の饗宴 / シリーズ アメリカ秘蔵の江戸名画 第2回 若冲
大胆緻密な水墨画」(NHK)を見る。
---ここに書くまでもないことですが、とんでもないくらい、凄い人です。伊藤若冲。
 勿論、これまでにも、私は知ってはいましたが、さらに知ることができ、心底、
「喜び」を感じました。

諸事を済ませる。

                 ∞

辺見じゅんさん(作家、歌人)が逝去をされていたことが本日、分かる。享年72歳。
---映画「男たちの大和」の原作者であられる。



09/21

某君(脚本家)から某件が届く。

映画「追悼のざわめき」の関係諸氏から連絡を受ける。

某社から試写会のご案内が届く。

映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」(監督:ジョナサン・リーベスマン)を観る。

某さん(俳優)から演劇公演のご案内が届く。

H.D.D.(TV)「極上 美の饗宴 / シリーズ アメリカ秘蔵の江戸名画 第1回 若冲
リアルを超える極彩色」(NHK)を再見する。

某氏(陶芸家)から展覧会のご案内が届く。

諸事を済ませる。

                 ∞

ポーレット・デュボストさん(俳優/フランス)が逝去をされる。享年100歳。
---ジャン・ルノワール監督の「女優ナナ」で映画デビューをされ、同監督の「ゲーム
の規則」やマルセル・カルネ監督の「北ホテル」、フランソワ・トリュフォー監督の「終
電車」、ルイ・マル監督の「五月のミル」など、約160本の映画に出演をされた。

杉浦直樹さん(俳優)が逝去をされる。享年79歳。
---大学在学中に新演劇研究所の設立に参加をし、映画「俺は待ってるぜ」で映画
デビューをされた。その後、「錆びたナイフ」や「悪女の季節」、「網走番外地」シリー
ズ。TVでは、「岸辺のアルバム」や「あ・うん」など数多くの映画や舞台、TVに出演
をされた。



09/20

映画「追悼のざわめき」の関係諸氏と連絡を執りあう。

H.D.D.(TV)「羽田美智子の京都専科 / 技術を通して文化を伝える 京蒔絵師・下
出祐太郎」(KBS京都)を見る。
---この番組を見ていていつも思うことですが、物を創るということへの真摯な姿勢
と謙虚な思い、そして頑なな取り組みを、創り手皆が持っていなければならないこと
だと思います。

諸事を済ませる。



09/19

資料の整理をする。

某氏(映画撮影監督)から連絡を受ける。

H.D.D.(TV)「極上 美の饗宴 / シリーズ アメリカ秘蔵の江戸名画 第1回 若冲
リアルを超える極彩色」(NHK)を見る。

某君(映像人)と歓談を交わす。

諸事を済ませる。



09/18   

思索をする。

資料の整理をする。

某君(脚本家)と“映画”について話す。
---その後、行きつけのお料理屋さんにて歓談を交わしました。

某氏(映画ライター/某国)から取材を受ける。

諸事を済ませる。



09/17   

思索をする。

資料の整理をする。

某君(脚本家)から報告を受ける。

C.D.「川村結花 朝焼けの歌 〜秋・冬盤〜」を再聴する。

諸事を済ませる。

                 ∞

磯野理さん(映画プロデューサー)が逝去をされる。享年72歳。
---映画「積木くずし」や「天平の甍(いらか)」、TVドラマでは、「傷だらけの天使」や
「祭ばやしが聞こえる」などを手がけられた。



09/16

資料の整理をする。

映画「未来を生きる君たちへ」(監督:スサンネ・ビア)を観る。
---さまざまなことを考え、いろんなことを考えさせられる、いい映画です。
 人や罪を赦すこと。或いは、復讐をすること。・・・今、生きている我々は、よく考え
なければならないことだと思います。

H.D.D.(TV)「ぶらぶら美術・博物館 / ヨコハマトリエンナーレ2011 横浜美術館、日
本郵船海岸倉庫」(BS日テレ)を見る。
---横尾忠則さんが自身の出品作品を語られていました。興味深かったです。

諸事を済ませる。



09/15

某君(脚本家)から報告を受ける。

某氏(映画ライター/某国)から取材を受ける。

会報「映画監督 / 2011年 第9号 通巻656号」(日本映画監督協会)を読む。

写真展「森山大道×蜷川実花」(タカ・イシイギャラリー京都/京都市下京区)と、
写真展「森山大道×蜷川実花」(小山登美夫ギャラリー京都/同上)を観る。
---2ギャラリーによる共同開催。
 この写真家お二方の組合せ、なかなか興味深く拝見させてもらいました。

諸事を済ませる。



09/14

某氏(映画撮影監督)から連絡を受ける。

資料(D.V.D./映画)を観る。

某氏(映画ライター/某国)から連絡を受ける。

某社から試写会のご案内が届く。

某映画団体からご案内が届く。

COMBINE / BAMI gallery(京都市下京区)から展覧会のご案内が届く。

諸事を済ませる。



09/13

某君(脚本家)から某件が届く。

某氏(映画撮影監督)から連絡を受ける。

資料(D.V.D.)を観る。

映画「追悼のざわめき」の関係者から連絡を受ける。

映画「ハウスメイド」(監督:イム・サンス)を観る。

名古屋シネマテーク(映画館)からご案内が届く。

H.D.D.(TV)「羽田美智子の京都専科 / 土壁に魂を込める 京壁師・奥田信雄」
(KBS京都)を見る。
---奥田さんは、主に茶室や数寄屋建築の壁を手がける左官職人さんで、奥田さ
んの物を創るときの姿勢には、ほんまもんを感じさせてもらいました。
 「物を創るということは、こういうことだ」と。

諸事を済ませる。

                 ∞

ジョン・キャリーさん(前・ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント会長)が逝去をさ
れる。享年81歳。
---ワーナー・ブラザース、ユナイテッド・アーティスツを経て、ソニー・ピクチャーズ・
エンタテインメントの社長、その後、会長兼最高経営責任者を務められた。
 映画「シンシナティ・キッド」や「キャッチ22」、「時計じかけのオレンジ」、「ダーティ
ハリー」、「日の名残り」、「ダ・ヴィンチ・コード」、「スパイダーマン」など、数多くの映
画を製作された。



09/12

某氏(映画撮影監督)から連絡を受ける。

映画「追悼のざわめき」の関係者から連絡を受ける。

高林陽一さん(映画監督)と“映画”について話す。

神事「賀茂御祖神社 名月管絃祭」を味わう。
---賀茂御祖神社とは、下鴨神社(京都市左京区)のことです。
 この神事は、平安時代からつづいているもので、五穀豊穣と天下泰平を願い、
名月を愛でながら芸能を奉納するというものです。
 その芸能とは、神楽、箏曲、管絃、舞楽のことです。

諸事を済ませる。



09/11   

思索をする。

資料の整理をする。

某君(脚本家)と“映画”について話し、大阪・十三界隈を往く。
---その後、行きつけのお料理店屋さんにて、ご主人もまじえて歓談を交わしまし
た。

諸事を済ませる。

H.D.D.(TV)「羽田美智子の京都専科 / 美意識の追求 山口源兵衛」(KBS京都)
を見る。
---江戸時代からつづく帯問屋「誉田屋源兵衛」。その10代目の山口さんの執念に
近いまでの創作意欲を窺い知り、ほんまもんを見せつけられました。
 「物を創るということは、こういうことだ」と。

                 ∞

第68回ベネチア国際映画祭で、映画「KOTOKO」(監督:塚本晋也)がORIZZONTI
AWARD (full-length films)を受賞された。
---素晴らしい!映画を拝見するのが楽しみです。

同映画祭で、映画「ヒミズ」(監督:園子温)に主演した染谷将太さんと二階堂ふみ
さんが、新人俳優賞のマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞された。
---これもまた、素晴らしい!映画を拝見するのが楽しみです。



09/10   

思索をする。

資料の整理をする。

某氏(映画撮影監督)からD.V.D.等が届く。

某君(劇作家、脚本家)から連絡を受ける。

映画「ハンナ」(監督:ジョー・ライト)を観る。

諸事を済ませる。



09/09

思索をする。

資料の整理をする。

某君(脚本家)から報告を受ける。

映画「メカニック」(監督:サイモン・ウェスト)を観る。

諸事を済ませる。



09/07

某氏(映画撮影監督)と“映画”について話す。
---十数年ぶりに再会をしました。お元気そうで、なによりです。

某君(脚本家)から報告を受ける。

朱源実さんのお知り合いの方々から連絡を受ける。

関係諸氏から連絡を受ける。

某さん(美術家)から連絡を受ける。
---先の3日にお会いしたことで、次回は、さらにお話を交わしたいと思いました。

諸事を済ませる。



09/06

朱源実さん(映画「どこに行くの?」の俳優)のお通夜に参列をする。
---私は、朱さんがかつて所属をされていた劇団・新宿梁山泊の公演を、旗揚げ当
時から数多く拝見させてもらいました。私は、その頃から、朱さんと仕事をしたいと
思っていましたので、映画「どこに行くの?」に出演をしてくださったときは、本当
に、嬉しかったです。
 ・・・遺影の写真が、朗らかなものでしたので、新宿梁山泊での思い出や、「どこ
に行くの?」の撮影時のことを思い出してしまい、…なんとも、なんとも、です。
 朱さんと出会い、一緒に仕事ができたことは、私にとってとても素晴らしい思い出
です。
 朱さんのことを心と頭に刻み込み、生きて行きたいと思います。
 朱さんには、心からお礼を申し上げます。「本当に、ありがとうございました。今に
して思うと、素晴らしい、いい思い出です。朱さん、・・・ゆっくりと、お休みください」
 その帰途、柏原収史君(映画「どこに行くの?」の主演)から連絡をもらいまし
た。

                 ∞

某君(脚本家)と“映画”について話す。

某君(映像作家)と“映画”について話す。

某さん(美術家)から連絡を受ける。
---先の3日にお会いし、嬉しかったです。いつかまた、お会いしましょう。

諸事を済ませる。



09/05

某君(脚本家)から某件が届き、“映画”について話す。

関係諸氏から連絡と報告を受ける。

佐野和宏君(映画「どこに行くの?」「追悼のざわめき」「豚鶏心中」「錆び
た缶空」の俳優)と会う。
---お元気そうでなによりです。

某映画祭からご案内が届く。

某映画団体から連絡を受ける。

某社から試写会のご案内が届く。

某君(映像人)と歓談を交わす。

C.D.「ピアノ / 西村由紀江」を再聴する。



09/04   

某氏(映画監督)から連絡を受ける。

写真展「鬼海弘雄写真展 東京ポートレート」(東京都写真美術館/東京都目黒区)
を観る。

某さん(某出版社)と歓談を交わす。
---ご案内してくださったお店、うどん屋さんと鯛焼き屋さん、とても美味しかったで
す。

C.D.「ピアノ / 西村由紀江」を再聴する。

諸事を済ませる。



09/03   

昨日、亡くなられた朱源実さん(映画「どこに行くの?」の俳優)のお知り合いの
方々から連絡を受ける。
---・・・6日のお通夜に伺います。
 朱さんへ、「ゆっくりと、お休みください」

                 ∞

パフォーマンス公演「鉄割あっ!」(作:戌井昭人、演出:牛嶋みさを/ザ・スズナリ/
東京都世田谷区)を観る。
---演出の牛嶋君と俳優の奥村勲君は、ともに映画「どこに行くの?」の出演者
なので拝見しました。
 会場で、束芋さん(美術家)とお会いし、しばしの歓談を交わしました。ちなみに
彼女は、「どこに行くの?」にコメントを寄せてくださった方です。
 「その節は、お世話になり、ありがとうございました。おおきに」です。

C.D.「オールディーズ 〜夏盤〜 / 川村結花」を再聴する。

C.D.「S.E.N.S. Sound. Earth. Nature. Spirit. Vol.NATURE」を再聴する。

C.D.「ピアノ / 西村由紀江」を再聴する。

細谷隆広さん(映画人)からご案内が届く。

諸事を済ませる。



09/02

朱源実さん(しゅ げんじつ/俳優)が逝去をされる。享年60歳。
---映画「どこに行くの?」に出演をしていただき、心からお礼を申し上げます。
ありがとうございました。そしてこの度のこと、心からお悔やみを申し上げます。
 私は、朱さんが所属をされていた劇団・新宿梁山泊の公演を、旗揚げ当時から
数多く拝見させてもらいました。私は、その頃から、朱さんと仕事をしたいと思って
いましたので、「どこに行くの?」に出演をしてくださったときは、とても嬉しかった
です。今にして思うと、いい思い出としてあります。
 朱さんは、舞台や映画のほかにも、TVドラマ、CMと幅広く活躍をされました。
 朱さんへ、「6日のお通夜に伺います。・・・ゆっくりと、お休みください」

                 ∞

思索をする。

資料の整理をする。

某君(脚本家)とSkypeにて、“映画”について話す。

関係諸氏から連絡を受ける。

諸事を済ませる。



09/01

資料の整理をする。

関係諸氏と連絡を執りあう。

某氏(映画ジャーナリスト/某国)から連絡を受ける。

某氏(映画ライター/某国)から連絡を受ける。

諸事を済ませる。



08/31

思索をする。

資料の整理をする。

粂田剛君(映画「どこに行くの?」のチーフ助監督)と“映画”について話す。

某社(俳優事務所)からご案内が届く。

某映画団体から連絡を受ける。

諸事を済ませる。



08/30

関係者から連絡を受ける。

映画「追悼のざわめき」の関係者から連絡を受ける。

某君(映像人)と歓談を交わす。

某君(俳優)と歓談を交わす。

京都シネマ(映画館)からご案内等が届く。

某社からご案内が届く。



08/29

関係諸氏と“映画”について話す。

某君(脚本家)とSkypeにて、“映画”について話す。

某件の場に出席をする。
---会場で、旧知の方々とお会いしました。皆さん、お元気そうでなによりです。

諸事を済ませる。



08/28   

関係者から連絡を受ける。

某映画団体と連絡を執りあう。

山本伸樹君(現代美術家)と美術+映画談義を交わす。

某さん(美術家)と連絡を執りあう。

C.D.「ショスタコーヴィチ / ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調 作品99」(ヴァイオリ
ン:五嶋みどり、指揮:クラウディオ・アバド、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団)
を再聴する。

諸事を済ませる。



08/27   

資料の整理をする。

映画「追悼のざわめき」の関係者と話す。

黒澤和子さん(映画衣裳デザイナー)から「KAZUKO通信 2011年 6、7、8月合併
号」が届く。

某映画団体から連絡を受ける。

美術展「二人展 『メディウム』 船井美佐×川久保ジョイ 」(Ohsima Fine Art/東京
都新宿区)を観る。
---船井さんのミラーを使った作品を拝見し、さまざまなイメージを想い浮かべさせ
られ、いろんなことを考えさせられました。素晴らしい作品でした。
 並びに、川久保さんの写真も“無”を感じさせられるくらいに透明感があり、惹き
つけられました。
 また、ギャラリーのオーナーの大島さんと、しばしの歓談を交わしました。

C.D.「チャイコフスキー / ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品35」(ヴァイオリン:五嶋
みどり、指揮:クラウディオ・アバド、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団)を再聴す
る。

諸事を済ませる。



08/26

某君(脚本家)から某件が届く。

某氏(映画人/某国)から連絡を受ける。

資料の整理をする。

三木陽子さん(美術家)から展覧会のご案内が届く。

上京をする。



08/25

資料の整理をする。

関係諸氏と連絡を執りあう。

溝口健二さん(映画監督)の碑、岡崎・満願寺(京都市左京区)に参る。
---溝口健二監督の命日は、昨日の24日です。
 本来なら昨日、伺わないといけなかったのですが、私がバタバタとした日々をおく
っているため、本日になった次第です。

某氏(映画人/某国)から連絡を受ける。



08/24

思索をする。

資料の整理をする。

関係者から連絡を受ける。

某君(脚本家)と“映画”について話す。

映画「追悼のざわめき 〜デジタルリマスター版〜」の関係者から某件が届く。

マッテオ・ボスカロールさん(映画ライター/イタリア)から連絡を受ける。
---彼は、以前にイタリアの芸術・文化系の新聞や映画誌で、私へのインタビュー
と私の映画の論評を書いてくださった方です。

某社から試写会のご案内が届く。

H.D.D.(TV)「ダイワハウス presents / 西村由紀江 Vitamin Tour 2010」(BS FUJI)
を見る。



08/23

関係者から連絡を受ける。

資料の整理をする。

映画「水曜日のエミリア」(監督:ドン・ルース)を観る。

諸事を済ませる。

H.D.D.(TV)「ぶらぶら美術・博物館 / 伊豆下田・上原近代美術館 〜ルノワール・
ピカソ・マチス 森の中の美術館で名画を〜」(BS日テレ)を見る。



08/22

関係者から連絡を受ける。

映画「追悼のざわめき 〜デジタルリマスター版〜」の関係諸氏と連絡を執りあ
う。

某映画団体からご案内が届く。

映画「シャンハイ」(監督:ミカエル・ハフストローム)を観る。

諸事を済ませる。



08/21   

思索をする。

資料の整理をする。

浦田和治さん(映画「どこに行くの?」「追悼のざわめき」の録音担当)と某君
(脚本家)らとで、“映画”について話す。
---先日、伺ったお店で、今夜もとても居心地良く、楽しく過ごせました。すると自ず
から会話も弾みましたねぇ。

映画「追悼のざわめき」の関係者から連絡を受ける。

諸事を済ませる。

                 ∞

竹脇無我(俳優)さんが逝去をされる。享年67歳。
---16歳で映画「しかも彼等は行く」でデビューをされ、「アンコ椿は恋の花」、「人生
劇場」、「花と龍」など数多くの作品に出演をされた。また、TVドラマ「姿三四郎」や
「大岡越前」、「岸辺のアルバム」などにも出演をされた。



08/20   

某君(脚本家)から某件が届く。

某君(映画館勤務)から連絡を受ける。

諸事を済ませる。

                 ∞

実家にて、くつろぐ。



08/19

関係者(映画人)から連絡を受け、対応を執る。

某氏(映画ライター/イタリア)から連絡を受ける。

会報「映画監督 / 2011年 第8号 通巻655号」(日本映画監督協会)を読む。

第七藝術劇場(映画館/大阪市)からご案内が届く。

某社から試写会のご案内が届く。

諸事を済ませる。



08/18

思索をする。

某君(脚本家)と連絡を執りあう。

浦田和治さん(映画「どこに行くの?」「追悼のざわめき」の録音担当)と“映
画”について話す。
---近々、再び会う約束を交わしました。

映画「追悼のざわめき」の関係者から連絡を受け、対応を執る。

某氏(詩人)からご案内が届き、対応を執る。

諸事を済ませる。



08/17

某君(脚本家)と“映画”について話す。

思索をする。

関係者から連絡を受ける。

某氏(映画ジャーナリスト/某国)から連絡を受ける。

某映画団体からご案内が届く。

諸事を済ませる。

H.D.D.(TV)「ぶらぶら美術・博物館 / 平城遷都1300年 魅惑の奈良 〜お寺めぐ
りと奈良国立博物館〜」(BS日テレ)を見る。

                 ∞

グアルティエロ・ヤコペッティさん(映画監督/イタリア)が逝去をされる。享年91歳。
---元ジャーナリストで、1960年代に世界各地の食習慣や伝統行事、風俗等を自
身の語りで皮肉を込めて紹介した映画「世界残酷物語」シリーズで興行的に成功
を収められた。また、独立直後のアフリカ諸国を舞台にした実録風の映画も製作。
戦闘場面などにやらせが目立ったが、現在では、“ドキュ・フィクション”と呼ばれる
ジャンルの先駆けとなられた。



08/16

思索をする。

関係諸氏から連絡を受け、対応を執る。

映画「コクリコ坂から」(監督:宮崎吾朗)を観る。

名古屋シネマテーク(映画館)からご案内が届く。

五山の送り火(通称:大文字やき)を味わう。
---嵐山の渡月橋から遠くの大文字を、また、近くの鳥居形の送り火も眺めまし
た。そして、亡き人を思いながら、お送りしました。
 今年のこの行事は、岩手県陸前高田市で被災をした木から作られた薪を使うか
どうかで、問題化しました。つまり、その薪を使うことで放射能の影響がでるのでは
ないか、どうかということでです。
 今後、このようなことは、大なり小なり日常茶飯事的に我々の生活の中で、あら
われてくると思います。そして、その際には、皆それぞれが真剣に考え、行動をとら
なければならないと思います。



08/15

思索をする。

資料の整理をする。

某君(脚本家)と連絡を執りあう。

某氏(映画ジャーナリスト/某国)から連絡を受ける。

映画「ツリー・オブ・ライフ」(監督:テレンス・マリック)を観る。

諸事を済ませる。

                 ∞

66回目の敗戦記念日を迎える。



08/14   

関係諸氏と連絡を執りあう。

某さん(某出版社)と歓談を交わす。
---お元気そうで、なによりです。

諸事を済ませる。



08/13   

某君(脚本家)と“映画”について話し、大阪の或る町を歩く。

思索をする。

資料の整理をする。

関係者と連絡を執りあう。

映画「追悼のざわめき」の関係者と連絡を執りあう。



08/12

某氏(映画人/某国)と映画談義を交わす。
---以前、お世話になった同氏が来日をされ、京都の名所を二、三、巡りながら、
また、某店にて歓談を交わしました。お元気そうで、なによりです。

思索をする。

資料の整理をする。

関係諸氏から連絡を受ける。

諸事を済ませる。

某社からお便りが届く。



08/11

関係諸氏から連絡を受け、対応を執る。

某さん(某出版社)から連絡を受ける。
---近々、上洛をされるとのこと。お会いするのが、久しぶりなので、とても楽しみで
す。

映像(インターネット配信)「眠い町」(監督:井川広太郎)を見る。

諸事を済ませる。



08/10

某君(脚本家)から某件が届き、対応を執る。

関係諸氏から連絡を受ける。

H.D.D.(TV)「ぶらぶら美術・博物館 / ブリヂストン美術館 『没後100年 青木繁展』
〜伝説の画家・青木繁の生涯と、名画『海の幸』〜」(BS日テレ)を見る。
---先日、同展覧会を京都国立近代美術館にて鑑賞をしました。
 私は、時間が経つのを忘れ、見入ってしまったことを思い出しました。

諸事を済ませる。



08/09

某君(脚本家)から某件が届き、対応を執る。

諸事を済ませる。

                 ∞

1945年の今日、アメリカ軍により長崎に原爆が投下されました。
---考えさせられます。



08/08

浦田和治さん(映画「どこに行くの?」「追悼のざわめき」の録音担当)と“映
画”について話す。
---久しぶりにお会いし、あれこれと話をしながら、心地良いひとときを過ごさせて
もらいました。

諸事を済ませる。

映画「モールス」(監督:マット・リーヴス)を観る。

H.D.D.(TV)「ぶらぶら美術・博物館 / 国立西洋美術館 大英博物館・古代ギリシ
ャ展 〜上野でギリシャ神話と『究極の美』の謎に迫る!〜」(BS日テレ)を見る。
 





TOPへ
過去へ