小布施ワイナリー
〜ブルゴーニュ仕込みの実力派〜
外観

栗とリンゴが有名な小布施町は、長野県ではまとまった平地を持つ地域。
この小布施町の北の郊外に広がる果樹園に行くと、「小布施ワイナリー」の看板がちらほらとみかけられます。
看板に誘われるまま移動すれば、駐車場と水色の壁のあまりワイナリーらしくない町工場のような建物がみえてくるでしょう。
入り口には「よくぞ あきらめずに私達の蔵を見つけだしてくれました!」という文字が黒板に書かれており、迷ってからここに来たであろう来訪者を歓迎してくれます。
近くには葡萄園がなく、一見、ワイナリーであることがわかりにくいのですが、のぞきこめば醸造タンクや圧搾機が置いてあり、そこで社員の方々が忙しそうに働く光景も目にできるでしょう。

歴史

小布施ワイナリーの公式ホームページに詳細があるので、詳しくはそちらをご参照ください。
補足しますと、小布施酒造はその名のとおり、明治に興った日本酒蔵が前身。しかし、昭和に入り第二次世界大戦が始ると、国家統制のもとで主食の米を使った酒造りは禁止され、1942年に日本酒の醸造免許は没収、代わりに果実酒免許を取得し地元のりんごを原料とした酒を造ることになりました。このりんご酒は地元で愛飲され酒の不足した時代に人々の好評を得ましたが、日本が高度成長期に入ると果実酒だけで経営を成り立たせるのは不可能に。そこで、保守的な税務署相手に熱意ある嘆願を繰り返し、再び日本酒の免許を取得することに成功しました。戦後に新しい日本酒の醸造免許が認可されることは極めて稀であったことを考えれば、小布施の蔵の人々の努力と苦労が忍ばれるエピソードといえるでしょう。なお、日本酒造りは今もワインと同じスタッフで少量ながら行われており、地元の人々に愛飲されるばかりか全国鑑評会でも金賞を受賞する長野県でも品質では実力派の酒造となっています。

このような歴史をもつ、小布施酒造のワイナリーとしての評価を向上させた立役者である曽我彰彦氏は1971年生まれ。彰彦氏は山梨大学の発酵生産学科を卒業すると、そのまま新潟県の「カーブドッチ」で醸造業務にたずさわりました。しかしそれだけでは飽き足らず、1997年、大胆にも人脈も紹介もないままに単身ブルゴーニュへ行ってしまいます。正式に留学を経てブルゴーニュでワイン製造を学んだ日本人醸造家は数人いますが、いきなり行ってしまったのはこの人ぐらいなものでしょう。
がしかし、やはり飛び込みでは無理があったのか様々な蔵を訪れても追い返されてしまいます。それでもあきらめずにあちこちで雇用先を探しているうちに大手ネゴシアンの一つ、ビショー社に入社することに成功。ここでの精勤ぶりが認められた曽我氏は、傘下の一つであり、シャブリ・グラン・クリュの畑をもつドメーヌ・ロン・ドパキに配属変えとなり、ブルゴーニュの名門ドメーヌでワイン造りの研鑚を積みました。
そして日本に帰国すると、ただちにワイン造りに邁進。その品質は多くの専門家の間でも高く評価されるものとなっています。

生産量は4万本と、あまり多くはないものの国産葡萄を使用したワインのみを製造。主力商品はあくまでワインですが他にも、小布施町のリンゴを原料にした本格的なシードル、周辺農家の依頼で造る果実ジュース、祖先が苦労して再取得したということもあって少ない本数ながら造り続けている日本酒、さらには彰彦氏の父親の現社長もカルヴァドス(リンゴを原料とした蒸留酒)に精を出しており、規模に比べるとアイテム数が多いワイナリーです。
地域的には、メルシャン最高峰の白ワイン銘柄である「北信シャルドネ」の北信にあたる部分(ないしは近く)に自社畑が存在しており、多くのワイン生産者や日本ワイン愛好家が注目する立地というのも特記すべきことの一つ。ただ、名醸地として一定の評価は得ているこの地域ですが現地でワイン造りを行っているのは小布施ワイナリーのみであることは意外な事実です。

社員数は10人未満とあまり多くはありませんが、熱意あるスタッフの努力により自社畑も着々と広がっており、まさに伸び盛りにある醸造所の一つとの評価は揺るぎないものとなっています。
施設の概略
日本酒とワインの醸造所・貯蔵施設、販売所があります。販売所以外の見学には予約が原則として必要なので注意。

醸造設備:小布施ワイナリーの一階にあり、入り口からも少しは中を見ることが出来ます。著名なワイナリーなのだから最新の施設を備えているのかと思いきや、発酵タンクは最新のステンレスでなく開放型のホーローのタンクと旧式でかなり使い込まれているものばかり。
温度調整機能がなくて発酵が進みすぎたりしないのだろうかと思いますが、曽我氏にたずねると長野県は寒すぎて発酵が進むどころか、暖房機で暖めないと逆に止まってしまうそうです。所変われば品変わるではありませんが、日本でも地域によって大変な違いがあることを如実に示す話でした(※)。
醸造施設の地下にはセラーがありカルヴァドスを含め、数々のワインが樽やビンに詰められて貯蔵されています。
なお、鋭い方なら貯蔵用タンクがないことに気付くかもしれません。これは小布施は全て樽か瓶による貯蔵しかないためで、この規模のワイナリーとしては珍しい方式をとっています。

※ 日本を代表するワイン産地の一つ山梨県は早生品種の発酵時期にまだ相当気温が高いため、低温長期発酵による洗練されたワインを造る上で温度調整は必須。山梨だけでなく多くのワイナリー、特に暑い地域は何らかの手段で発酵温度を下げています。

そして、別棟には日本酒造としての小布施酒造の顔、麹室やタンクが。詳細は歴史の項で記載しましたが、歴史を辿ればもともと本業だけあってきちんとした設備が整っています。こちらもワイナリーと同じ従業員で運営されており、「ワインのことばかり考えている頭を別のことに使うので良いリフレッシュになる」とのこと。
なお日本酒の生産数に関しては曽我氏自身が「1月の10日だけ仕込みであるため趣味の領域と言えます」とおっしゃるように極少で、現在の小布施酒造においては完全にワインが主力商品となっています。

追記:2005年に1階に立派なテイスティングルームが完成しました。ただ、完成してから私が小布施に行っていないため記述できないことをお詫び致します。

葡萄畑
ワイナリー周辺には葡萄園がなく、見学するには車で10数分の場所に行かねばなりません。ツアーの内容によっては畑の紹介も含まれているようなので、可能ならば申込みをした方がよいでしょう。

小布施町より少し標高が高い場所にある自社畑は、点在しているものを合計すると約6ヘクタール。あたりにはリンゴ農園が多く、その中での垣根栽培の葡萄畑は目を引きます。
この畑は石が多いため、開墾する際に出た大量の石は積み上げられ畑の区画を分ける塀として使用され、ヨーロッパの古い葡萄畑のよう。
ただし、懐古的な畑なわけではなく、機械による作業を考慮してうねの間は広くとられているなど合理的な手法が取られています。

小布施は栽培品種が多岐にわたっており、しかも試験栽培でなく、これらの葡萄によるワインが商品化されている点に驚かされます。カベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネ、メルローなどのメジャーな品種や、日本のあちこちでとはいわなくてもまずまず栽培されているピノ・ノワール、ピノ・ブラン、リースリング、ヴィオニエ、シラー、商品化しているワイナリーは皆無のドイツ系品種のゲヴェルツ・トラミナー、バッカス、イタリア系品種のバルベーラ、サンジョヴェーゼなど膨大。

畑は現在も拡大中で、自社畑100%のワインだけを生産するという遠大な目標に向けて、ワイナリーの方々が日々開墾作業に汗を流しています。

※2005年は雹により、大きな被害を受けてしまいました。2005年のヴィンテージに関しては自社畑のワインが少なくなるようです。
トップページに戻る


ツアー
ツアーは無料で複数の種類が用意されています。全て無料ですが、時期や訪問者の人数、職業によって色々と制限があるので詳細については公式ホームページを参照してください。


テイスティング

試飲可能な銘柄はその時々でだいぶ違うのですが、高価格帯のものは試飲できないと思ったほうがよいでしょう。また、人気ワイナリーであるため、売り切れている銘柄が多いというのも試飲可能な内容を狭めています。実際、ここに記載した自社畑の銘柄は全て売り切れており、「全部の銘柄を・・・」などとは考えず、試飲できるものを楽しんで気に入ったら買う、という考え方のほうがよいでしょう。

以下にテイスティングのコメントを記載するので参孝程度に読んでください。

コンコード辛口:コンコードを使用した辛口ワインで価格は1260円。この品種特有の甘いグレープジュースのような香りがしますが、残糖をあまり感じないなかなかドライなワインなので、そのギャップが楽しめます。

'03 シャルドネ 2e Domaine Sogga:白のセカンドワイン、自社畑のシャルドネを樽発酵させた辛口白ワインで2625円。リンゴ、グレープフルーツの実の香り、また樽の豊かなヴァニラ香があり複雑。味わいも複雑で特に果実味の豊かなところは、小布施の特徴の一つです。余韻は中程度で、価格に比してリッチな内容のワインでおすすめ。

03 メルロー 2e Domaine Sogga:価格は3150円のメルローのセカンドワイン。しっかりとした樽の香り、プラム、ベリー、根菜類のような土の香りもあります。ふくよかで優しい印象を受けるワインですが、やはり果実味がしっかりあり複雑な味わいです。

'03 ピノノワール 2e Domaine Sogga:価格は2625円。自社畑のピノノワールを100%使用、表記はセカンドワインとなっていますがいまだ1stを名乗れる品質に至らないと曽我氏が考えているため、セカンドしか存在しません。コーヒー、ラズベリーリキュール、少しだけなめし皮のようなところも。アタックは優しく、インパクトはさほどないものの、しっかりとした含み香とエレガントな味わいをもちます。ピノノワール好きなら、入手する価値あり。

辛口 田舎風 発酵シードル: :ワインではありませんが、本格派シードルということで記載。価格は1575円、りんごの香りの他、麦芽のような香ばしいところも。味わいはラベルにいつわりなしのしっかりとした辛口で、爽やかななかにしっかりとしたコクがあります。フランスのシードルは酸化したようなニュアンスのものが多いですが、このシードルはそういった部分はまったくありません。同価格で甘口もあります。

小布施は甘口に意識的に仕立てたもの以外、特にドメーヌを記載したものは完全に糖を食いきるまで発酵を続けるので辛口の銘柄から残糖を感じることはまずありません。しかしドライ、というわけではなく果実感とコクを備えた厚みのあるワインになっています。葡萄の味わいをワインに反映させるために、火入れはもちろん濾過もしないか、または低いレベルに留めていることもこうした部分に反映されているのでしょう。
自社畑のワインの品質は、ワインファンを納得させるに足るもの。テイスティングコメントには書きませんでしたが、小布施白・赤(1345円)やラブレスカなど低価格のワインは値段分の価値はあると思うのですがさすがにやや個性が薄いという感想を持ちました。
もっとも管理人のワイン記録にも書いてあるように自社畑ではない「メルロー オーディネール」(1785円)は充分な内容で、同シリーズの「シャルドネ オーディネール」(1575円)も2006年冬より販売されるのですから、自社畑以外のワインでも今後さらなる品質の向上が期待できるでしょう。
ワイナリーの地下にあるセラー。とても小さな樽もあり、そちらはカルヴァドスが熟成されています。
購入方法 
公式ホームページ及び、取り扱いのある酒販店などで販売されています。あまり多くの酒販店が取り扱っているわけではないので、取り扱い店を探すよりは、直接注文した方が早いでしょう。

ワイナリーアクセス
アクセスに関しては小布施ワイナリーの公式ホームページにあります。
あちこちに看板がでていますが、市街地から少し離れていてあまりわかりやすいとはいえない立地です。迷う可能性が充分にあるので気を付けていきましょう。

総論
日本ワインファンなら一度はその名を聞いたことはある名醸造所の一つ。なのですが、生産量が少ないのに人気があるため、自社畑ワインの入手が難しく、多くの人が飲んでいるとはいえないワイナリーというのも事実です。

造り出されるワインは、赤・白ともに品質の充実した銘柄が目白押しです。醸造的にはそれほど目立つところはなく、濾過は澱下げのみや最小に留める、といったところぐらいでしょうか。しかし、実際に造り出されるワインは果実味が豊かで、日本ワインにつきまとう「薄い」というイメージを吹き飛ばす破壊力を持ちます。しかも面白いことに日本ワインとかけ離れているスタイルというわけでもありません。知人のソムリエと小布施の2ndのメルローを飲んだところ、品質を高く評価しましたが同時に「なぜか醤油を使った煮物が食べたくなる味わい」と言いました。
私的には少なくともセカンドのものも含め、ドメーヌ・ソガを冠するワインは、購入する価値は充分にあるといえます。
しかし、低価格帯では特にラブレスカのワインなどはあまりこれといった内容のものには当たらなかったこともあって、私としてはこちらは手放しでは評価できませんでした。また、生産規模に比べていくらなんでも銘柄が多すぎるというのはどうかとも。公式ホームページをみるとほとんど売り切れとはいえ、生産本数が10万本に届かないワイナリーとは思えないほどに銘柄が多々あります。多品種の葡萄を栽培してそれをさらに単一ワインとして仕上げたり、セカンドやファーストを別に造っていることがこの多すぎる銘柄の原因なのですが、買う側からすると何を買うか選ぶだけで参ってしまうので、もう少し販売銘柄の整理が必要ではないかと思われます。

低価格帯でも価格分の価値はあるとはいえ、私は小布施の近くに住んでいるなどといったことがなければ、遠くから無理にデイリーワインを求めて買いにいくワイナリーではないと思っています。むしろ、ワイン会や、たまにしか小布施に行かない人が記念の意味を含めて、といったように毎日楽しむためではなく、ちょっと特別な時などに飲むのがよいのではないでしょうか。自社畑のワインの多くはそういった時に飲むのにふさわしい、リッチな味わいとボディを備えています。

直接の訪問、特に見学に関しては、何度か他のワイナリーなどを回っている方などがよいように思います。これは初心者お断りの固いワイナリーということをいっているわけではありません。やはりワイナリーに行った機会が少ないとそこにある施設が何なのか、その工程が何を意味しているのかがいま一つわかりにくいのではということによります。詳しい案内板がでているわけでもないので、もう少しこういう部分では親切なワイナリーに行ってから訪れた方が同じ時間を割くにしても、より充実するのではないかと考えるからです。また売り切れの銘柄が多く、しかも自社畑ものは銘柄によって試飲不能の場合もままあるので、訪れたときの運不運には覚悟が必要。
とはいえ、とにかく小布施のワインを飲んでみたい、または一度飲んだら好印象を持ったという人は上記のことなど無視して情熱の赴くままに訪問し、そのワインを味わいに行くべき。ワインが全てを語ってくれるでしょう。

ワイナリー入り口のメッセージ。読めば何をかいわんやという内容です。
外観  歴史  施設の概略  葡萄畑  ツアー テイスティング  購入方法  アクセス  管理人のワイン記録 
冬だったのでちょっと寂しい景色ですが、自社畑の一区画。かなりの数の畝が写真でも確認できます。
銘柄: '03 メルロ オーディネールSogga pere et fils
生産元: 小布施酒造
価格: 2100円(現在は1785円で販売)
使用品種: メルロー、他(長野県産100%)
備考 小布施では少ない、自社畑以外の葡萄を使った赤ワイン。オーディネールの名が示すとおり、気軽に飲めるワインという位置付けです。
色はしっかりとしたガーネットで少し紫の部分があります。樽由来とおぼしきコーヒーの香り、ベリー、イチゴジャムの香りを感じます。
アタックはおとなしいですが口中で複雑な味わいと、しっかりとした旨みのふくらみ、細かなタンニン、ベリーの果実香が感じ取れます。アフターはまたおとなしくなり、余韻は短めです。
食中酒としては充分なボディをもっており、私は長野のワインということで鶏肉ステーキのリンゴ添えで食べてみましたが、けっこう合いました(^^)。ただ、開封してからの日持ちはそこまでよくないかもしれません。
総合的にみて良いワインといえますが”オーディネール”というほどには安いワインではないのが唯一の問題。

※ 2004年秋より価格が1785円となりました。このコメントは私が購入した際の価格を元に記述していることをお断りいたします。
飲んだ日: 2005年11月24日
社名 小布施酒造(株) /小布施ワイナリー
住所 長野県上高井郡小布施町大字押羽571 電話番号 0262-47-2050
取寄せ オンラインショッピングあり HP http://www.obusewinery.com/
自社畑あり ツアー等 あり(無料・コース複数あり 要予約)
テイスティング可(無料)
栽培品種 シャルドネ、ピノ・ノワール、メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、シラー、他 営業日 営業時間:9:00〜16:00
★訪問日 2004年6月22日、2004年12月16日
備考:国産ブドウのみ使用(長野県・北海道)、カルヴァドス醸造、日本酒醸造(日本酒蔵元)