宮崎県



宮崎県立芸術劇場

設計:佐藤総合計画・毛利前田設計共同企業体
所在地:宮崎県宮崎市船塚
用途:
コンサートホール(オペラ劇場)・劇場・ホール
竣工:1993年5月
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造
規模:地上4階、地下1階


掲載雑誌:
日経アーキテクチュア
1994年1月3日号(P134)
建築設備1994年5月号(P19)
建築知識1999年5月号(P179)

撮影カメラ:
デジタルカメラ(334万画素)
SONY(DSC-P1)

HP作成日:2002年12月31日



■宮崎県立美術館
 
 設計:岡田新一設計事務所+岩切設計共同企業体
 所在地:宮崎県宮崎市船塚
 用途:美術館
 竣工:1995年3月
 構造:鉄骨鉄筋コンクリート造
 規模:地上3階、地下1階

■宮崎県立図書館
 
 設計:安井建築設計事務所
 所在地:宮崎県宮崎市船塚
 用途:図書館
 竣工:1987年12月
 構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造


総合文化公園に建つ劇場。
第35回BCS賞(1994年)。



 
(写真左)劇場全景の様子。 3つのホールを持っており、中央にイベントホール、両翼にコンサートホール、演劇ホールが配されています。
(写真右)アプローチ大階段。 階段を登りきると光のプラザと呼ばれる広場があり、3つのホールのエントランスが設けられています。




(写真左〜中央)外観の様子。
(写真右)光のプラザと呼ばれる広場と、そこに設けられたエントランスキューブと呼ばれるガラスのBOX。




(写真左〜中央)エントランスキューブ内部の様子。 シースルーエレベーターと螺旋階段が設けられています。
(写真右)1階インフォメーション付近の様子。 エントランスホール他このあたりの部分はあまり目立たず、結構あっさりとしたもの。 アプローチとしては光のプラザを主体としているという意図が見えるよう。

総合文化公園東側のエリアは、円形広場を囲んで芸術劇場、美術館図書館が一体的に計画されています。


リストへ戻る


Visit Architecture and Street