教皇ベネディクト十六世

1970年以前の
ローマ・ミサ典書の使用についての
自発教令 SUMMORUM PONTIFICUM
の公布に際して
教皇ベネディクト十六世から
司教達へ宛てられた書簡

2007年7月7日

わが親愛なる兄弟である司教の皆さん、

大いなる信頼と望みとをもって、私は、1970年の改革以前のローマ・ミサ典書の使用に関して "自発的に与えられる" 新しい使徒的書簡のテキストを、司教であるあなた方に託そうとしています。この文書は、多くの熟考、また多くの協議と祈りの成果です。

十分な情報なしで為されたニュース報道と判断は、かなりの混乱を招きました。実際にはその内容が知られていないプランについて、喜んで受け入れようという反応からきつい反対まで、非常に異なった反応がありました。

この文書は二つの怖れによって最も直接的に反対されましたが、私はこの書簡において、それらについていくぶん詳しく言及したいと思います。

第一の怖れは、この文書が第二バチカン公会議の権威を損なうものであり、その本質的な決定のひとつ-----典礼改革-----が疑問符の下に置かれようとしている、というものです。

この怖れには根拠がありません。これに関しては、まず最初にこう言わなければなりません。つまり、パウロ6世が公布し、そしてその後ヨハネ・パウロ2世が二つの版を出すことによって重ねて公布したミサ典書は、明らかにミサ聖祭の通常の形式 (Forma ordinaria) であるし、またあり続ける、ということです。そして、ヨハネ23世の権威によって1962年に公布され、公会議の期間中も使われた公会議前のミサ典書の最後の版は、今や、ミサ聖祭の特別な形式 (Forma extraordinaria) として使われ得ることになるでしょう。これら二つの版のローマ・ミサ典書のことを、あたかもそれらが「二つの典礼」であるかのように語るのは適切ではありません。むしろこれは一つであり同じである典礼の二つの活用なのです。

ミサ典礼の特別な形式としての1962年版典書の使用に関して、私は、この典書が今迄決して法的に廃止されたことはなかったし、従って原則として常に許されていた、という事実に注意を引きたいと思います。新しいミサ典書の導入の時点では、この古いミサ典書が使用される可能性に関して、特別な規定が作られる必要があるようには見えませんでした。おそらくそれは、地域的なレベルで、ケース・バイ・ケースで解決され得る、二、三の個別的な問題であろうと思われたのです。しかしながら、その後間もなく、かなりの数の人々が、彼らが幼少時から親しんでいるローマ典礼の使用に対して強く傾倒したままでいることが明らかとなりました。このようなことは特に、典礼運動が多くの人々に、注目すべき典礼の形態と典礼儀式の前代の形式に対する深く個人的な親しみを提供した国々において、起こりました。私達は皆、ルフェーブル大司教によって導かれた運動において、古いミサ典書に対する忠誠がアイデンティティの外面的なしるしとなったことを知っています。しかしながら、そこで起こった隆盛の理由はもっと深いレベルにありました。第二バチカン公会議の指し示された性格を明らかに受け入れ、また教皇にも司教にも忠実だった多くの人々が、それにもかかわらず、彼らにとって大切だった神聖な典礼の形式を回復することを望んだのです。このことはとりわけ、多くの場所でミサが新しいミサ典書の規則に忠実に行なわれなかったために-----しかしこのことは実際には創造性を認可すること、あるいは創造性を必要とすることとしてさえ理解されました。しかしこれはしばしば耐えられないほどの典礼の変形を引き起こしました-----起こりました。私は、私自身がこの全ての希望と混乱の時期を生きてきたので、その経験から話しています。そして私は、この典礼の恣意的な変形というものが如何に教会の信仰に全く根ざしている個々人に深い痛みを引き起こしたかを見てきました。

そこでヨハネ・パウロ2世は、彼の自発教令エクレジア・デイ(1988年7月2日)において、1962年版のミサ典書の使用のためのガイドラインを提供しなければならないと感じました。しかしながらその文書は詳細な規則を含まず、一般的な言い方で、このローマ典書の使用を求めた信徒のメンバー達の「合法的な熱望」に向けて、司教達の寛大な対応に呼びかけたのでした。その時教皇様は、主として聖ピオ十世会が聖ペテロの後継者との完全な一致を回復するように助けたかったいとお思いになり、またますます痛みを感じさせる傷を癒やそうとなさったのです。残念なことに、この和解はまだ起こっていません。それでも、いくつかのコミュニティは、自発教令によって提供された可能性を感謝して利用しました。他方、それら以外のグループにおいては、正確な法的規定がなかったために、この1962年版のミサ典書の使用に関して困難があり続けました。それは特に司教達が、このようなケースにおいてはしばしば、公会議の権威が疑問の中に置かれてしまうのではないかと怖れたからです。第二バチカン公会議の直後、1962年版のミサ典書の使用を求めているのは、それと共に育った古い世代の人々に限られていると思われていました。しかしそのうち、若い人々もまたこの典礼の形式を発見し、その魅力を感じ、その中に至聖なるミサ聖祭の神秘との出会いの形を見出し、そして特にその形が彼ら自身に適していることに気づいた、ということが明らかに証明されてきました。このように、1988年の自発教令の時点では予測できなかった、より明確な法的整備の必要が出てきたのです。今回の規則はまた、司教達を、様々な状況に対して彼らがどのようにして対応すべきかについて、彼らが毎回新たに頭を悩ませなければならないことから解放することも意図されています。

この待たれた自発教令についての議論の中で表明された第二の怖れは、1962年版ミサ典書の広い使用の可能性は教区コミュニティーの中に無秩序を、あるいは分裂さえもたらすのではないか、というものでした。この怖れも、私には全く根拠のないものとしか思えません。古いミサ典書の使用は、ある程度の儀式構成の問題とラテン語に関する幾らかの知識を前提としますが、これらのどちらも、それほど多くは見つかりません。これらの具体的な前提からしても、新しいミサが法的な規定によってばかりでなく信者達のコミュニティーの実情によっても、ローマ典礼の通常の形式のままであり続けることは明らかなことです。

古いラテン典礼の伝統に愛着する信徒達の態度と過度に結びつけられた誇張とそして時に社会的側面があったというのは事実です。あなた方の慈愛と司牧的な思慮は、これらを改善するための誘因でありガイドです。この問題において、ローマ典礼の使用の二つの形式は、相互に豊かにし合っていくことができます。新しい聖人達と幾つかの新しい叙唱は、古いミサ典書に挿入できるし、また挿入されなければなりません。「エクレジア・デイ」委員会は、usus antiquior(古い使用?)に捧げられた様々な共同体に接触する中で、この点について実際的な可能性を調査するでしょう。パウロ6世のミサ典書に従ったミサ聖祭は、今迄そうであったよりも一層力強く、古いミサの使用に多くの人々を惹き付けているところの神聖さを示すことができるでしょう。パウロ6世のミサが教区コミュニティをまとめることができ、それらによって愛されることができるための最も確かな保証は、それが典礼の規則に調和しつつ、大きな敬意と共に挙行されることにあります。このことは、このミサ典書の霊的な豊かさと神学的な深さを引き出すでしょう。

さてここで私は、1988年の自発教令を更新する今回の自発教令を発行しようという私の決心を動機付けたポジティブな理由について話そうと思います。それは、教会の中心における内部的和解に至る問題です。過去を振り返り、数世紀の間キリストの体を引き裂いて来た分裂に目を向ける時、人は、これらの分裂が起こった危機的な時に、和解と一致を維持するため、あるいはそれらを回復するために、教会のリーダー達によって十分なことが行なわれなかった、という印象を常に持ちます。人は、これらの分裂が膠着化し得た事実のために、教会の側における怠慢ということにおいて、彼らリーダー達がその罪の一端を持っているという印象を持っています。過去へのこの一瞥は、今日、我々に、一つの義務を負わせます。心から一致を望む人々がそのような一致に留まることを可能にするため、あるいは新たにそのような一致を獲得することを可能にするために、私達があらゆる努力をするという義務です。私はコリント人への第二の手紙の中の文章を思い出します。そこで聖パウロは書いています、「私達の口はあなた方に対して開かれる、コリントの人々よ。私達の心は広い。あなた方は私達によって制限されていない、しかしあなた方自身の心の中で制限されている。そうではなくて・・・あなた方の心も広くせよ!」(コリント第二 6:11-13)聖パウロは確かに別の背景において語っていました。しかし彼の勧告は正に私達の問題において、私達にも影響することができ、また影響しなければなりません。私達の心を寛大に開き、また信仰自体が許す全てのことのために場所を作りましょう。

ローマ・ミサ典書の二つの版の間には何の矛盾もありません。典礼の歴史においては、成長と進歩があり、断裂はありません。前の世代が神聖なものとして持っていたものは、私達にとってもまた神聖であり、偉大なままです。それ故、それが突然全く禁じられるなどということはあり得ませんし、また有害であると考えられることさえあり得ません。私達の全てが、教会の信仰と祈りの中で発達してきた富を保存し、そしてそれらに適当な場所を与える必要があります。言うまでもなく、完全な交わりを経験するために、古いミサの使用を支持しているコミュニティーの司祭は、原則的に、新しい典書に従ったミサの挙行を排除することができません。新しい儀式を完全に排除することは、実際、その価値と神聖さの承認と一致していません。

結論として、親愛なる兄弟の皆さん、私は、これらの新しい規則がどのような意味でもあなた方自身の権威と責任-----典礼においても、またあなた方の信徒達に対する司牧上のケアについても-----を減ずるものではないと強調することをとても望みます。各司教は、事実、彼自身の教区の典礼問題に関する議長です(参照:典礼憲章、第22項「聖なる典礼の規制は、教会の権威だけに依存している。この権威は使徒座にあり、また、法の規定によって司教にある。」)

それ故、司教の権威からは何も取り去られず、全てのことが平和と平穏の内に行なわれるよう見張っているという司教の役割はそのままです。司教区の司祭が解決できない問題が発生した時、地元司教は常にその問題に介入-----しかしながら当自発教令の新しい規則によって定められた全てと完全な調和を保ちながら-----できます。

更に、親愛なる兄弟の皆さん、私はあなた方に、この自発教令が施行されてから三年後に、あなた方の経験したことを教皇庁に報告するようにと求めます。もし真に重大な困難が明るみに出るならば、それらを治療する方法が探されることができます。

親愛なる兄弟の皆さん、私は感謝と信頼をもって、司牧者としての皆さんの心に、これらのページと当自発教令の規則を託します。使徒聖パウロがエフェゾの長老達に送った言葉を忘れないようにしましょう。「あなたがたは、自分自身に気をつけ、また、群れのすべてに心を配りなさい。聖霊は、神がその御子の血をもって贖って下さった神の教会を牧させるために、あなたがたをその群れの監督者にお定めになったのです。」(使徒行録 20:28)

私はこれらの規則を、教会の母である聖マリアの頼もしき取り次ぎに託します。また私は、親愛なる兄弟達であるあなた方へ、また、あなた方の同僚であるあなた方の教区で働く小教区司祭達と全ての司祭達へ、全てのあなた方の信者達へ送るのと同様の私の使徒的祝福を、心から送ります。

Given at Saint Peter's, 7 July 2007
http://www.vatican.va/holy_father/benedict_xvi/letters/2007/documents/hf_ben-xvi_let_20070707_lettera-vescovi_en.html

* 自発教令の本文はこちら

ページに直接に入った方はこちらをクリックして下さい→ フレームページのトップへ