>地図はこちら
  

はじめて鍼治療を受ける方へ

 鍼治療が良いということを聞いてはいるけれど、はたして効果はあるの? という方は沢山いると思います。
 私なりに、説明してみましょう。
 私の得意としている症状を五つあげれば、@腰痛全般 A胃痛 Bうつ病 C不眠症 D頭痛 E症状が複雑で、原因もはっきりしないもの(不定愁訴症候群) ということになるでしょうか。
 胃痛、頭痛は、その場で治すことを心がけています。
 腰痛に関しては、ぎっくり腰なら五回の治療で仕事に行けるように。
 その他の腰痛については、腰椎を痛めているもの、浅部筋・深部筋のいずれを痛めているのかに留意して、三回以内にらくになるように。
 不眠症については、何回以内でということは断言できませんが、おおよそ一ヶ月以内で。
 うつ病については、何とか仕事に行けるまでには、半年〜一年ほどを要します。精神科、心療内科に通っている患者さんは、そのまま通いながら当院へお出で下さい。二、三度の治療で、確実に効果が現れていることが実感できるようになると思います。

 Eに「症状が複雑で、原因もはっきりしないもの」などと上げましたが、うつ病と同じで、実は私はこうした患者さんの治療がいちばん好きなのです。
 現代医学で原因が特定できなくても、東洋医学的に考えると、病因や、その症状の構造が容易に説明できる場合が沢山あります。
 患者さんの複雑な訴えを、鍼灸医学的に整理して治療の道を決め、鍼と灸を使ってその通りに患者さんを導く。これが鍼治療の醍醐味です。

 こちらでもっと詳しく ⇒「最近の臨床例から」
 鍼については ⇒「鍼の種類」       

       

    

        


・コラム…工事中
 
・動物のこと
 ├動物の鍼灸治療
 ├愛護センターを考える
 ├ 寄付金の報告
 ├ 熊本市動物愛護センター
      



   

  ニコス堂のコメントが、
『通販生活』に掲載されました。


   本年・夏の号


    書店で見てみてね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


≪11月≫
. . 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23

24
15:00で
終了

25 26
27 28 29 30 . . .
. . . . . . .

黒数字・・・・・・9:30〜19:30
赤数字・・・・・・9:30〜18:00
カーキ色・・・・・14:00〜19:30
青数字・・・・・・9:30〜12:00

薄色・・・・・・・・・・休 診

≪12月≫
. . . . 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
. . . . . . .

 

●週末など、立て込んでいる日もありますが、急患の患者さんは極力診るようにしておりますので、電話で症状をお伝えください。

 

 

●平成二十三年度 伊藤瑞凰先生講演会「五藏に応ずる刺法の臨床応用」は、盛会のうちに終了しました。
七回にわたって行なわれてきた伊藤瑞凰先生の古典鍼法講座も、今年を以って最後となりました。長い間、みなさま有難うございました。

★平成17〜23年まで行なわれた「伊藤瑞凰先生講演会」で製作されたテキストをお分けしております。ご希望の方は、こちらをご覧下さい。
                  ⇒伊藤瑞凰古典鍼法テキスト


             

 

 

            


 

●「青鳳会ウェブ・ページ」へは、こちらから。
「青鳳会」へジャンプ!
●ニコス堂への連絡は、こちらから。
どの連絡フォームでも大丈夫ですが、一番下の「その他のお問い合わせ」が便利です。  ★連絡フォーム


access count
   
(C) 2008 Nikosudou Acupuncture Clinick. All Rights Reserved. photo:吉野久 design: 國立圖案室