鍼の種類について

鍼治療は初めてのかたへ
「鍼治療は初めて」で、治療に通う前に実際に使う鍼とはどんなものか見てみたい、とおっしゃる方のために、当院で使用している鍼について説明致します。治療前に実物をお見せする事も出来ます。



 毫鍼1
上・・・太さ1番(0.16mm) 長さ1寸3分(寸三)
下・・・3番(0.2mm) 寸三

ふだんの治療に最も使われるもの。肩の凝り、気血の調整などに使います。本体が軟鉄製で、真鍮の柄にハンダ付けしてある。軟鉄なので、折れても伸ばせば何度でも使える。柄は銀鍍金してあり、手にしっとりと馴染む。
ページの上へもどる


 毫鍼2
毫鍼 ・・・3番(0.2mm) 寸三

これは上のものとは製作会社のちがう毫鍼。柄・鍼本体ともにステンレス。柄に鍼をカシメ留めしてある。値段も当然、上が高くて6.5倍。高い鍼を使うと上手になったと錯覚するほど、使いやすい。また、ハンダ付けしてないと、細かい鍼使いはできない。


 金 鍼
上・・・太さ6番(0.26mm) 長さ一寸六分(寸六)
中・・・15番(0.42mm)  寸六
下・・・10番(0.34mm)  二寸

体に対するなじみが良いので、早く効果を現すことができる。この鍼の柄は、うすく伸ばした銀の板を巻きつけて作ってある。当然ハンダづけ。


 長 鍼
3寸前後のものを、長鍼と呼ぶ。坐骨神経痛の治療などに使う。


 太 鍼
30番(0.74mm) 寸六


 中国鍼
柄がワイヤー巻きになっていて、滑らないのが特徴。
鍼管が使えないので、このまま刺し入れる。


 ざん鍼(銀)
古代ではメスだったが、今では刃は付いていない。が、
熱を下げたり、アトピーの患者さんに使ったりと、
使い道はいろいろ。


 員鍼(銀)


 大員鍼(銀)


 員鍼(先尖型)


 打撲用の鍼と槌


 鍼 管1
鍼管は、鍼を刺すときに使う。銀製。
この中に鍼を入れて、指腹で弾き入れる。
銀のものは弾いたとき、鍼が音を立てない。
つまりは、患者さんに対して失礼がないと言える。
また、触れられる患者さんにとっても、肌触りが柔らかい。


 鍼 管2
ステンレス製の鍼管。


 ディスポ鍼・・・ディスポ鍼とは、 ディスポーザブル=使い捨ての鍼です。

一本ずつ滅菌後、パックされています。

裏から見たところ。
パックを開けて取り出します。
留め具を外して使います。
留め具を外して使います。


(C) 2008 Nikosudou Acupuncture Clinick. All Rights Reserved.