オススメ讃岐うどん店 G級

誠実でフレンドリーな大将のしこ麺にファン多し。

百こ萬

  • 善通寺市
  • セルフ
  • 先払い
  • 中 太
  • ふつうのかたさ

百こ萬データ

百こ萬新店舗

善通寺で新装開店。

住所善通寺市弘田町971-1 [ 地図 ]
電話番号0877-63-5363(FAX同じ) 
営業時間 10:00〜15:15
公式サイト 百こ萬
定休日 火曜
店のスタイル セルフ
創業年 2001年
土産販売 生麺

国道11号線観音寺方向沿い。
硬さを感じさせない適度なコシ。無添加天然ダシも要チェック。
醤油うどんに辛味大根がつくのはおそらく県内初。
通常のうどんに加えオリジナルの「しこ麺(極細麺)」もあり、
注文してから茹でるため、いつも出来たてを食べられる。
ダシとの組合せで多彩なメニューが楽しめる。


ごまデータ

百こ萬しこぶっかけ

しこぶっかけはカニかま入り。

訪問回数20
初訪問2003年
イチオシ 醤油・しこぶっかけ
ひやあつ注文法 「かけ、そのままで」と注文。
ブログ訪問記 2009.3

しこ麺は通常の「白しこ麺」、抹茶(又はほうれんそう)入りの「グリーンしこ麺」、唐辛子入りの「赤しこ麺」の三種類。
大(二玉)で2種類を注文することもできる。
「あつあつの揚げ」はぶ厚くて大きいお揚げにダシがよく染みていて美味しい。
きつねうどん好きにはたまらない。

←目次ページへ↑ページの上へ←ホームへ

訪問記 2006年12月15日14:30

善通寺の地で新たに出航した百こ萬にやってきました。
営業開始してからは今日が初訪問。

百こ萬

建物自体は前に営業されてた店の居抜き。
正面向かって右上には木沢村で使ってた、ロゴをあしらった看板。
そして注目は入口扉。
同じく木沢村で使ってた木の引き戸をに外枠にはめてあって、建物からせりだす格好に。
建物自体の扉と合わせて、セルフのうどん店では珍しい二重扉の出現です。

百こ萬

本日のオススメはしっぽく。

百こ萬

机のポップ。厳選材料の天然だし。

開店前「木沢村時代の店舗のような百こ萬らしさを出したい」と繰り返し仰っていました。

そんなことを思い返しつつ店内へ。
閉店前の時間帯ですが、大将と女将さんはお歳暮や発送品の梱包や帳簿整理で忙しそう。

百こ萬

金曜日はしっぽくフライデー。

そんな中で、しこぶっかけとしっぽくを注文。
しっぽくは金曜日限定ではじめられたそう。

百こ萬

百こ萬オリジナルしこぶっかけ

百こ萬

限定メニューときいては頼むしかない!

実はこの日、初めてしっぽくを食べたモモチが二度目のしっぽく。
ゴロゴロと大きめの野菜がうどんを覆い隠すしています。
具は大根・ニンジン・ごぼう・こんにゃく・里芋・しいたけ・油揚げ・鶏肉と盛りだくさん。
鶏肉は3つも入っていてうれしい。
太目のうどんも具材にまけずにしっかりとした存在感があり、食べ応えがあっておいしい。大満足です。
しこぶっかけも美味しくいただきました。

改めて新装開店おめでとうございます。

←目次ページへ↑ページの上へ←ホームへ

訪問記 2006年10月27日

新しい百こ萬が11月1日にオープンしました。
今回スケジュールの都合で10月27日〜29日での讃岐うどん巡りとなったため、
残念ながらオープン日に訪問することが適いませんでした。
オープン直前のお店の様子を伺ってきましたのでそちらをお届けします。

百こ萬

改装中

百こ萬

移転先の駐車場。

店舗は元々うどん屋さんだったものなので、厨房機器などはそのまま使えるとのこと。
厨房カウンターの上にはメニューも貼りつけられて、百こ萬らしさが出てきました。

百こ萬

真打ちの看板が登場!

百こ萬

天然だし100%は凄い

大将は客席をはじめとする店内レイアウトに苦心している様子。
木沢村時代のウッディーな内装とはいきませんが、新しい百こ萬の雰囲気を上手く出して欲しいものです。

←目次ページへ↑ページの上へ←ホームへ

百こ萬「丸亀木沢村」時代アルバム

百こ萬

店から大将がご挨拶。

百こ萬

旧店舗から讃岐富士が見える

百こ萬

旧店舗の景色

百こ萬

しこぶっかけは天かすがたまらない。

百こ萬

初期のグリーンしこ麺。これは抹茶入り。野菜が練り込まれることもあった。

百こ萬

しこざる

百こ萬

釜あげはいい薫りがします。オススメ。

百こ萬

ぶっかけだしが美味。

百こ萬

しょうゆは辛味大根つき。すごい辛い。

百こ萬

つるつるのうどんがきれいだ。

百こ萬

讃岐うどんでマイ箸同盟その1

百こ萬

讃岐うどんでマイ箸同盟その2

←目次ページへ↑ページの上へ←ホームへ

back to home