もみじ饅頭の形・外観

Top

 もみじ饅頭の形をよく見たら違いが有ります、しっかり覚えて「もみまん通」になりましょう


 

基本の形

 
 
一番多い形  

もみじ饅頭で一般的に使われている型、一番多い形はこの形です、紅葉の葉っぱ7つに分かれていて、葉脈は、膨れていて、その脇は少しくぼんでいます、葉脈は直線ではなく反っています。

メーカによって、葉脈の太さ深さなど少しずつ違います。

写真は やまだ屋のこしあん

 
 
にしき堂  こしあん

にしき堂のこしあんの形は、あきらかに宮島の物とは区別できるようなかたちです葉っぱは7つに分かれていて葉脈は上に出ていて脇のくぼみは少ない、葉脈のそりは少ない。

まれに、にしき堂こしあんは下の形の場合があります。

写真は にしき堂こしあん

 
 
にしき堂 (こしあん以外)

葉っぱの切れ込みは少なく、葉脈は一筋でくぼんでいます、ぽってりとした形。

まれに、この型でこしあんが焼かれている場合があります。

写真は にしき堂 チーズクリーム

 
 
ミヤトヨ本店

宮島の型と同じだが、良く見ると角がとがり気味、昔のもみじ饅頭に近いのか?

USACO推測だが、ミヤトヨは手焼きで焼いているので、昔の型に近い物と思われる、機械焼きに変わって、もみじ饅頭は角が丸くなった物と推測される。

写真は ミヤトヨ ブルーベリー

 
   
高津堂で焼かれていた型(昭和中頃)
詳しくはもみまんの歴史ページを見てね。

写真は多加津堂さんが焼いたもみじ饅頭

 

 
 

変わった形のもみじ饅頭

 
 
スヌーピー

スヌーピータウンショップ(広島西区)で限定発売されている。

 
 
キティー

もみじ屋はろうきてい(宮島)

 
 
紅葉焼 (にしき堂)

もみじ饅頭の子供と言う感じなのは、にしき堂が作っている紅葉焼き、大きさはもみじ饅頭を二回り小さくした感じ、中に餡は入っていません。

カステラの生地は、もみじ饅頭とは少し違う感じでした。餡が入ってなくても、美味しくように生地を変えてあるのか?

 
 

細かく見ると

 
 
扇屋 は大きめ?

それぞれのメーカーによって少しずつ違います、扇屋のもみじ饅頭は見た感じ少し大きめ、持った感じも少し大きめ、USACO計測、もっとも重たい物は、粒あん餅米入り(米ネームイズ)の49gでした。何か得した感じ。

 
       
       

<おわび>
写真の色合いが違うのは、撮った時期により照明の具合が変わってしまいました。m(_ _)m

usaco_3@yahoo.co.jp